photo
<< ラストスパート | main | 春が来た >>
益子の思い出


益子での、まるで卒業式のような展覧会が無事に終わりました。
3週間の会期中、実に益子と秋谷を4往復。
行ったり来たりを繰り返しながら
行く度に思わぬ面白いことがあり楽しい出来事があり
新しい出会いがあり古い友人知人恩人との再会があり
本当にわくわくと楽しく幸福な3週間でした。
とても寒い時期で何度も雪に降られてしまいましたが
私にとってはすべてが心温まる時間でした。
こんな形でプチ回顧展的なものをすることが出来たのも
益子という場所でもえぎというお店だったからだと思うと
いろんな巡り合わせに心から感謝しています。

自分の原点に立ち返りその足取りを辿るという試みは
私がどれだけ沢山の人に助けられ支えられ励まされ応援されてきたか
そして今もされ続けているかということを改めて気づかせてくれました。
偶然のように見えるいろんな出来事のつながりの先にある今も
その時その時の自分にとっての精一杯を繰り返して来た結果でした。
そして同じように今の自分がこれからの自分を作っていくんだ
という当たり前のようなこともとてもリアルに感じられました。

そして何よりも自分にとって一番うれしかったことは
この展覧会をやったことでようやく自分のことを
作り手として認めることが出来たということです。
どんなに評価されようとどれだけ作品が売れようと
いつもどこか自信がなくて自分で自分を認められませんでした。
この展覧会は決して立派な作品が並んでいた訳ではなく
むしろその逆だったかもしれません。
本当にまだまだこれからです。
それでも今の自分を自分でよしとすることが出来ました。
作品だけでなく制作に対する姿勢を含めた自分自身、
そしてその足取りなどすべてを俯瞰して見ることが出来た時
私の真ん中にある純粋に「作りたい」という思いがはっきりと見えました。
いつもその思いに動かされてここまで来たということが
自分自身にも客観的に見えたのでした。
土の声を聞きたい、そしてそれを形にしたいという思い。
それ以上でもなくそれ以下でもないその思いを
今まで通り大事にしてこれからも作っていけばいいと思えたのです。

16年目の卒業式というのは大げさでなく
やっとスタートラインに立ったような気持ちです。
今までのように大事に、そしてもっと自由に
新しい作品を作っていきたいという新たな希望で胸がいっぱい。
やりたいことも沢山あってわくわくしています。
これからの自分のことを一番楽しみにしているのは
私自身だな〜と思いました。

一番寒い時期、土の中では新しい命が沢山宿っていて
新しく生まれ出ようとしているこの時期に
こんな展覧会が出来たことをしあわせに思います。
でも次回はもっと気候のよい時にやりたいです。(本音)
結果オーライなのですが準備中は辛くて心の中では泣いてました。
この間の個展は真夏で今回は真冬。
準備も大変ですが見に行く人も大変です。
もちろん冬の寒さ、キリッとした空気が本当に気持ちがよかった。
だけどやっぱりお客さんのことを考えるともうちょっと
出掛けやすい時がよいですなぁ。
実は雪で足止めをくった方、来ようと思って来られなかった方も
何人かいらっしゃいましたが(本当に残念でした)
この寒さの中遠いところ東京や神奈川などから
沢山の方がお出掛け下さいました。
本当に本当にありがとうございました。
私にとって特別な展覧会を見ていただけたことをうれしく思います。

展覧会はお客さんがいて初めて成立する
というかお客さんも一緒に展覧会を作っているのだ
ということを実感する展示となりました。
どんなに素晴らしい展示をしたとしても
見てくれる人がいなければ始まらない。
そこで初めて展覧会として成り立つ
というこれまた当たり前のことに気づくことが出来ました。

準備の時から手伝ってくれたり励ましてくれた友人や家族、
そして何よりよい展示をしようといつも誠意を持って接してくれた
もえぎのスタッフのみなさま、展覧会に来て下さった方々、
本当にありがとうございました!
夜逃げしないでよかったでーす!



大雪の翌日のもえぎ本店。
社長の和美くんは「うちスキー場持ってたんだ!」と思ったそう。
この日はみんなが雪かきしているのがうらやましくて
一緒に雪かきをしました。
気楽な立場だからとは思いますがとっても楽しかった!



私が雪かきしたところ。生まれて初めての雪かきと言ったら驚かれた。



家族や友達と一緒に泊まった益子のペンションSIGHT



このかわいいおぼっちゃん(甥)は「雪こんこん〜」とご機嫌でしたが
朝起きたらすごい積雪だったため妹一家と母は車で帰ることを断念。
車を置いて宇都宮から新幹線にて帰京。



その雪の日、みんなを見送った後私はペンションに缶詰状態。
もえぎの本店はオープン出来なかったし私も身動き取れず。
でもとても居心地がよくて気持ちのよいところなので
ずっと忙しかった私は久しぶりにゆったりとした時間を過ごせて
実はとてもしあわせでした。





SIGHTの朝ご飯はこの他にフルーツ入りヨーグルトと野菜スープと
コーヒーか紅茶が付きます。
本当においしい朝食で妹一家はこれがまた食べたいがために
翌週末に車を取りに行ったついでにもう一泊してました。
見晴らしもよくてとても気持ちのよいところ。
オーナーの方の人柄もあたたかくまたぜひ泊まりに行きたいところです。
雪に閉じ込められたのも楽しかったな〜。
| - | 20:33 | - | - |