photo
<< 今年の初日記 | main | 再始動! >>
春の足音
二月も半ばを過ぎまだまだ寒いとは言え
この冬の寒さもピークを越えようとしているのではないでしょうか。
冷たい空気の中でけなげに咲く花たちや陽射しの中にも
小さな春が潜んでいるのを感じます。
少しずつ日が延びて少しずつ春が近づいてる足音が聞こえるよう。 

日記の更新を怠っていたため何を書いてよいのかわからなくなったので
ここ数年の二月の日記を遡って読んでみました。
去年は臨月だったので日記を更新していませんが
一昨年シラスロードツアーまるみ商店のオープンに合わせて制作
三年前は初めて教室の新年会をしたりシラスロードツアーがスタート。
四年前益子で個展をしていて大雪に見舞われたりしました。
そして五年前の日記にはコーヒードリッパーの試作の試飲会
苗場でのユーミンのコンサートなどのことが書かれていましたが
最後にはなんと帯状疱疹になったりしていました。

こうして読んでみるとなかなかおもしろい。
そしていつの年も春の訪れを感じている日記があり
来る春に向けて何か準備をしている感があります。
去年の今頃などはまさにこれから生まれる命を宿していたわけですから
毎年この時期は何かが生まれる前にそれを育んでいたり
何かを一区切りさせたり整えたりしていたように思います。

今年はすくすくと育つ娘との毎日に一緒に泣いたり笑ったりしながら
また少しずつ新しいスタートに向けて準備を始めたいと思っているところ。
のんびりペースになるとは思いますが仕事の再開について
やっと具体的に考えられるようになってまいりました。
生徒さんへの年賀状に「今年の春には教室を再開させたい」
と書いていたフレーズが途中から「今年の春以降」となり
今では「五月の連休明けには!」と言ってます。
これ以上延びないようにとここに記してみます。

新しい家族を迎え新しい教室や新しい作品がどんなものになるのか
まだまだわからないだけに私自身もわくわくしています。
もうすぐ春、新しい始まりの季節です。
| - | 19:52 | - | - |