photo
<< 焼きモノで浮きモノ | main | 絵本作りワークショップ sodabook >>
近況あれこれ
気づけば6月。
5月11日のモビール作りのワークショップの告知の日記から
すっかりと更新を怠っておりましたがいろいろありましたなぁ。
でもいろいろあった出来事たちをホントに忘れちゃうんですよね。
だからこうして日記をしたためておくことで
時間が経ってから自分自身も楽しめる!ということに気づき
自分のためにももっとこまめに更新したいと思いました。

というわけで思い出せることだけでも書き記してまいります。
まずは告知したモビール作りのワークショップですが
なんと参加者が集まらなかったために3knotハジメさんと二人で
それぞれ自分のモビールのパーツ作りを楽しむ、という時間になりました。
しみじみいろんなことをのんびりと語り合ったり、
純粋に自分たちの楽しみのために熱中して何かを作る、
ということ自体忙しかった私たちには久しぶりのことで
とても貴重な時間となりました。
なんだかおだやかでやさしい贈り物のようなひとときでした。
ハジメさんはカメラを作り、私はイカ、タコ、カニを作りました。
どちらもなかなかの出来でしたよ。
完成したら写真をアップいたしますね。

そうそう、それから結婚祝いに!とTOMOSというかわいい原付のバイクを
くろさんからプレゼントしてもらいました。
バイクの中型の免許を持ってはいるもののペーパーライダーの私。
うれしくてうきうきと登録に行きましたがまだヘルメットがないために
実は一度も乗れてません。
早く乗りたいな〜。

それから5月はライブや展覧会にも行きました。
中野サンプラザで行われた小沢健二のライブ。
これは本当に素晴らしかったのですがうまく言葉になりません。
でもとにかく楽しかった!
思い出そうとしなくても歌詞がスラスラと口から出て来ることに驚きました。
あの頃何度も何度も聴いた大好きな歌たちは
心のやわらかいところに刻み付けられてるのだなぁと思いました。
全盛期の彼にはない今の小沢健二の持つまなざしと言葉と歌で
見ている者たちを夢中にさせる魔法がかかったような時間でした。
ステージの上にいる素晴らしいミュージシャンたちが
全員本当に喜んでそこにいるのが伝わって来ました。
音楽の素晴らしさをまた改めて感じた夜でした。

展覧会は国立新美術館で行われているルーシー・リー展。
これもまたとてもよかったです。
私はあんなに沢山の彼女の作品を直接見たのが初めてだったので
写真ではわからない佇まいや器の肌合いや表情が見ることが出来て
私は静かに感動しておりました。
ルーシー・リーの制作風景の映像もよかったな〜。
あれには感激しました。
もう一回行きたいくらいです。

来月には自分の個展を控えているので
よいものに触れることで制作意欲が高まります。
私も作りたーい!となります。
というわけでがんばりまーす。
| - | 00:03 | - | - |