photo
<< ただいま窯焚き中 | main | シラスロードツアー2010(くすりがけ) >>
居食家 まるみ商店オープン!

3月2日、渋谷の神泉に「居食家 まるみ商店」がオープンしました! 
先日の日記で書いた私のダンナさんが店長を務める居酒屋です。
準備しているところをずっと横で見ていて
お店を作るというのは大変なことだけれど
とても面白そうだなぁと思っていました。
そして実際にその準備に関わらせてもらったのは
私にとってはとてもうれしいことでした。

3月1日のオープン前日にトイレの鏡周りのタイルを貼ったり
飾りの壁掛けたちを設置しに行ったのですが
試行錯誤しながらの最終レイアウトはとても素敵になりました!
上の写真は私が作った壁掛けの照明なのですが
これは予想以上に壁に映った光がきれいでした。

私が作った照明は三種類、この壁掛けの照明とペンダントライト、
そしてデスクライトです。
お店の内装のために作ったものは照明の他に手洗い鉢二つと
トイレの鏡周りのタイルと壁掛けや掛け花。
そしておまけのように入り口のドアに小さな風鈴を作って飾りました。
これは気づく人は少なさそうです。
照明や飾りの壁掛けたちは作っていて本当に楽しかったです。

作品をただ独立したものとして創作するのと
一つの空間を演出することを念頭に作るのでは全然違う広がりがあり
それもまたわくわく楽しい作業でしたが実際すべてが設置されたとき
どんな空間になるのかわからなかったこともあり
最後までドキドキしておりました。
でも予想以上に素敵なお店が出来上がりました。

これもひとえに店舗設計をしてくれたもえぎの和美くんが
「はまちゃん、いろいろ手伝ってね!」と言ってくれて
私の仕事をいくつも作ってくれたからです。
笠間での弟子時代からの長いつきあいで
私の最初期の作品からずーっと見てくれている友人であり
何かとお世話になって来た和美くんと一緒に何かを作るということは
とてもうれしく感慨深いことだったし楽しい作業でした。
本当に和美くんには感謝しております。
ありがとう、和美くん!

オープン初日、私の家族や生徒さんたちも来る予定になっておりましたが
他にも仕入れ業者の方々や店長の友人知人、社長夫妻の知り合いの方々など
沢山のお客様でお店はいっぱいとなりました。
私もお店の制服である鯉口に身を包み
まるみ商店のロゴの入った前掛けをして
やったことのない飲食店の接客作業を手伝いました。
でも私の格好を見て家族や知り合いはみんな一様に驚いてました。
「まさかその格好でいるとは思わなかった」そうです。

家族には「口答えをする」「言葉遣いがおかしい」
などとうるさいことを言われいっぱいいっぱいだった私は
半ばキレそうになりましたがそれどころではありませんでした。
なんとか他のお客様には失礼がなかったと思うのですが
ほとんどが身内のような人々だったということもあり
みなさんあたたかな目で見てくれていたようです。

初日だったために料理をお出しするスピードが遅かったのですが
味の方はとても好評でみなさん「おいしかったです!」
と口々におっしゃってお帰りになりました。
私の家族は決してお世辞を言わない人たちなのですが
「味がすごくよかった!これで友だちにも紹介出来るね、って話してたの」
と母が言っておりました。
家族にとってはいくら私の作品が内装に使われていても
雰囲気がよいお店で店長が私の夫であっても
おいしくなかったらそんなに人を連れて行けないと思っていたようです。
そりゃそうだ。

初日を終えて私が感じたのは「このお店は本当にいいお店になる」
という確信のようなものでした。
「本当にいいお店を作りたい」という思いの人たちが集まって作るお店だから
いいお店になるのは当たり前か、というときっとそれだけではないはずですが
そのベースとなる思いは何よりまず大切になるはずです。
さらに大事な要素がいくつか加わっているのできっと大丈夫だと思いました。

ちなみに「居食家(いしょくや)」というのは店長が考えたものですが
「家のように居心地よく食べられるところ」
にしたいという思いを込めた名前です。
そんな風にお客さんがホッとする場所になるといいな〜と私も思います。
まだオープンしたてでまだまだこれからですが
これから本当にどんどん進化していくお店ですので
どうぞよろしくお願いいたします!
今月は休みなしで営業いたします!

 居食家 まるみ商店
 東京都渋谷区円山町22−14 塙ビル2F
 tel.03-6416-3803
   website:marumi-shoten.com(サイトはプレオープン中です)
| - | 22:56 | - | - |