photo
<< 引き出し中の言葉たち | main | life is coming' back! >>
シラスロードツアー2010(あめ)
 

シラスロードツアーの第3回目は先週末に雨模様の中行われました。
朝の雪がやがて冷たい雨に変わり一日しとしと降り続いていました。
そんな中陽窯への急坂を上ってそれぞれ参加者のみなさまが到着。
このアトリエは晴れていると海が見えてとても気持ちよいのですが
雨が降っているような天気の時はそれはそれで
自然と意識が内に向かいやすいので制作には集中出来るような気がします。

2週間ぶりに我が子に対面して歓声をあげるみなさん。
前回成形した器の削り作業の説明を私から簡単にして
それぞれご自分の器を削って形を整えていただきます。
形も6人6様でしたが削りをする様子も6人6様。
どんな作業をしていてもその人柄が現れるのが
やはり外から見ていて面白いところです。

削り作業は私もとても好きな作業ですが
みなさんも楽しんでいた様子です。
作った時はまだいまいち器らしくなかった形が
無駄な土を削ぎ落とされてどんどん器の形へとシェイプされていきます。
それから「削ることそのもの」も楽しいようで
放っておいたらずっと削っていそうな方もいらっしゃいました!

前回も思ったことですがこうした連続企画の場合
参加者同士の方々が仲良くなっていくのがわかって
これを企画した3knotハジメさんも私もそのことを
とてもうれしく感じています。
人と人をつないでいくってとても素敵なことですよね〜。
今回は前回以上にみんなのつながりが強いというか
より仲良しになっている気がしてそれもうれしかったです。

陶芸の後は長者ヶ崎で焚き火をしながらご飯を炊いて
ワカメを拾ってお味噌汁に入れる!という企画だったのですが
生憎の天気のために急遽3knotの1Fが会場となりました。
その模様はぜひこちらのブログをご覧下さい。
家の中でアウトドア気分を楽しむ、
というコンセプトは成功してました!(多分)

ご飯もワカメのお味噌汁もアカモクも菜の花と野菜とシラスのかき揚げも
みんなみんなおいしかったし、食後の焙煎し立てのコーヒーも
りんごのコンポートもものすご〜〜〜くおいしかったです。
しあわせな一時でした。

今回の参加者の方々は自らを「シラス部」と名乗り
これからももしかしたら活動していきそうな勢いです。
とても楽しいみなさまにまた2週間後に会えるのを楽しみにしています。
次回は最後の工程、薬掛けになります!

明らかに携帯のカメラがおかしいです。
困ったなぁ〜。
| - | 12:07 | - | - |