photo
<< シラスロードツアー2010(あめ) | main | 夢の中で >>
life is coming' back!

小沢健二が活動再開する!
ということを聞いてびっくりしてそして
どうしてもそのツアーに行きたくなってしまいました。
私にとって彼はアイドルではないし王子でもないのだけど
一時期しっかりと私の心を支えてくれた恩人なのです。
その時期はずっと心の中で彼の音楽が鳴っていました。

彼がFlipper's Guitarを解散後、日比谷野外音楽堂にて
初めてソロとしてフリーコンサートをした模様を
たまたまテレビで見た私はまるで雷に打たれたようになりました。
本当に真摯に自分と音楽に向う姿は胸を打ち
無防備なまでにそのままの自分を差し出すように
不器用に歌うその歌声に、あとからあとから涙が溢れました。
そのメロディーは心の深いところに響き渡りました。

その当時は強力なコネがあったため何度かライブのチケットを
とってもらえそうだったにも関わらず笠間に住んでいたため
いつも泣く泣く諦めていました。
茨城から武道館は遠かった・・・
一度だけ妹とともに自分たちでチケットを取って
日比谷の野音でのライブを観たことがあります。
その時は一番後ろの席でしたがそこから観ていても
彼が相当輝いて見えたのを憶えています。
とても楽しいライブでした。

ライブのチケットはもっぱら友だちまかせの私が
今度ばかりは気合いを入れてがんばって
先行予約のチケットを入手しました!
かなりの倍率だった模様ですがやれば出来るんだなぁ。
5月に中野サンプラザで行われるライブを見に行きます。

中野サンプラザと言えば去年の1月と12月に
それぞれ大好きな真心ブラザーズのライブを観た会場。
しかもどちらのライブの席も最前列の真ん真ん中だったのです!
最前列の真ん真ん中とまでは行かなくても
きっと今度もよい席が用意されているに違いない!
と根拠のない確信とともにチケットが届くのを楽しみにしております。

最近はラジオでも彼の曲を耳にすることが多くなり
にわかに気持ちが高まってまいりました。
一体どんなライブになるのかまったく見当がつきませんが
一緒に行く約束をしている生徒さんに
「ライブが楽しかったら祝杯をあげて、がっかりしたらやけ酒を飲もう!」
と約束をしていてどっちにしても終わったら飲んでしまう予定です。
さてさて当日は一体どうなることやらですが、
なんだかわくわくしていて本当に楽しみでーす!
| - | 00:31 | - | - |